歯周病治療

歯周病治療とは?

歯周病とは、歯を支えている組織に起こる様々な症状のことで、歯を失う原因としては、虫歯よりも非常に高い確率が高いのですが実は、日本人の成人の80%が歯周病と言われております。
歯周病は一度悪化してしまうと簡単に治ることはなく、進行を止めるための治療しかできません。
重度の歯周病になると歯を抜くしか選択肢はありません。歯周病になる前の予防が最も大事です。

歯周病の見分け方

  • 歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
    歯周病の典型的な症状が歯茎(歯肉)から出血することです。歯磨きしたときに歯ブラシに血が付いていたり、硬いものを噛んだときなどに食べ物に血が付いた、または歯茎から出血していたら要注意です!
    歯肉(歯茎)には多くの毛細血管が通っており、歯周病菌に侵されて歯肉が炎症を起こし、炎症部分に歯磨きや硬い物を噛むなどの強い力が加わると炎症部分から出血してしまうのです。
  • 口臭がするようになった
    口臭があるからといって歯周病とは限りませんが、ある日から口臭がきつくなったような場合は歯周病菌(細菌)の繁殖の可能性がありますので注意が必要です!
  • 口の中がネバネバする
    歯周病菌が唾液の中に多く含まれていると「ネバネバ」と感じます。
    特に朝起床時に口の中がネバネバしたり、何か気持ち悪い場合は歯周病の可能性がありますので注意が必要です!
  • 歯茎(歯肉)が腫れている
    歯茎(歯肉)が腫れたり、ブヨブヨ柔らかくなっているのも歯周病の典型的な症状です。
  • 歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
    健康的な人の歯茎(歯肉)はピンク色をしていますが、歯周病になるとまずは歯茎(歯肉)が赤色になり、さらに症状が進行すると赤紫と、徐々に歯茎(歯肉)の色が濃くなってくるのが特徴です。
  • 歯茎などから膿(うみ)が出る
    歯茎(歯肉)から出血すると歯周病の大きなサインですが、さらに症状が進行すると膿が溜まり、痛みを伴うようになります。
  • 硬いものを噛むと痛い
    歯周病になると歯を支えている周辺組織が侵されますので、おせんべい、リンゴなど硬い物を噛むと歯周組織が歯を支える事ができなくなるため、痛みを生じる事があります。
  • 歯がグラグラする
    歯周病になると歯周組織が侵され、骨、歯根膜などが溶かされることにより、歯がグラグラしてきます。
    1本の歯を人差し指と親指で軽くつかんで上下左右に軽く揺さぶってみて、明らかに歯がグラグラしていたり、舌で歯を動かす事が出来るような状態は歯周病の危険信号です。
  • 歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
    歯周病になると歯周組織が侵され、歯肉が後退して行きますので歯が長くなったり、昔よりも出っ歯になった気がすることがあります。
  • 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
    歯周組織が侵されることで、歯と歯の隙間が大きくなるため物が挟まりやすくなったり、歯並びが悪くなったり、歯が浮いた感じがしたり、噛み合わせが悪くなる事があります。
  • 歯茎(歯肉)がムズ痒い
    歯周病になると常に歯茎(歯肉)がムズ痒かったり、痛みが生じる事があります。

歯周病は早期発見が非常に大切です。
上記の症状に少しでも心当たりがある方は、当院にお気軽にご相談下さい。

歯周病治療の重要性

歯周病治療は患者様の協力なしでは成功しません。いくら歯科医院で毎月徹底したクリーニングを受けていたとしても、患者様自身の毎日のケアが十分ではないと歯周病は良くなりません。患者様も歯周病に対して正しい知識をもっていただき、私たちの行うプロフェッショナルケアと患者様がご自宅で行う正しいホームケアの両方をきちんと行うことで治療の効果がでます。当クリニックでは患者様と私達の二人三脚で歯周病治療に取り組んでまいります。

歯周病治療の進行度合い

歯周病の進行度合いをわかりやすく図解で、ご説明させて頂きます。

  • 【正常な状態】
    健康な状態の歯と歯肉。正しいブラッシングを毎日行う事でこの状態を保つことができます。
  • 【歯肉炎】
    歯肉にのみ炎症が生じたもので、歯根膜や骨までは破壊されていないもの。歯肉は暗赤色で丸みを帯びてはれ、歯磨きのときや硬いものを食へたときに出血しやすくなります。正しいブラッシングと歯石除去で良くよくなります。
  • 【軽度歯周炎】
    骨が歯根の 1/3まで消失したもの。歯肉の炎症が進行すると歯と歯肉の境に歯周ポケットができます。また歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。
  • 【軽度歯周炎】
    骨が歯根の1/3〜1/2程度まで消失したもの。炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶けて歯根部か露出し、冷たいものや熱いものかしみたりすることもあります。歯石が歯周ポケットの奥に入り込み歯肉が腫れ、膿が出てきます。口臭も徐々にひどくなり歯を支えている骨の吸収により歯がぐらぐら動きます。
  • 【重度歯周炎】
    骨が歯根の1/2以上消失したもの。歯槽骨がほとんどなくなり歯根が露出し、最後には抜けてしまいます。

歯周病の原因

歯周病になる原因としては様々な原因があり主に、お口の中の環境と生活習慣による原因があります。

お口の中の環境

歯垢や歯石 歯周病(歯槽膿漏)のもっとも大きな原因は「食べカス」などにより発生する歯垢や歯石です。歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が歯肉と歯の根の間の、いわゆる歯周ポケットの中に侵入し、その中で細菌が繁殖をくりかえすことによって、歯周病を進行させていきます。
歯並び 歯並びが悪いことにより歯磨きが不十分となり歯垢が残りやすく、細菌の繁殖につながります。
不適合な治療 金冠や陶材のクラウンなどを雑に歯にかぶせたり、合わない入れ歯をするとその隙間などに食べカスがたまりやすく歯垢が付着しやすくなります。
噛み合わせや歯ぎしり 歯の噛み合わせが悪いと、肩凝りや頭痛、目まいがしたり、食欲がなくなったりして、日常生活に支障をきたしますが、これも歯周病の悪化に繋がると言われております。また歯ぎしりをしていると歯に負担がかかり、歯周組織に炎症がおこりやすくなるとも言われてます。

生活習慣

タバコ(喫煙) タバコを吸うことにより歯茎の血行を悪くさせます。歯茎の血行が悪くなると歯周病に対する抵抗がなくなり悪化させます。
ストレス ストレスなどで生活習慣(食生活や睡眠)が狂うことで歯周病が悪化しやすい状態になります。
食習慣 甘いものや柔らかいものなど歯に付着しやすい食べ物を多く食べるような偏りのある食生活は最近の増殖をさらに促し、悪化します。

歯周病の治療

プラークコントロール
歯みがき=プラークコントロールではありません!
歯周病予防、治療共に基本となるのが歯垢(プラーク)=歯周病菌を減らす(コントロール)すること、すなわち「プラークコントロール」です。
プラークコントロールはまず基本的には「正しい歯磨き」ということになりますが、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に歯垢を確実に除去する必要があります。しかしこういったセルフケアではほとんどの方が歯垢(プラーク)を確実に除去することは難しく、どうしても付着した歯垢が残ってしまいます。歯磨きをしているからといってプラークコントロールができているということではないのです。
プラークコントロールがしっかりできるかどうかで歯周病になるかどうかがきまるといっていいくらい重要なことですのでしっかり歯磨きなどのセルフケアと歯医者での歯垢除去などの治療が必要です。
スケーリング
セルフケアで取り除けないプラーク、歯石をしっかり除去
スケーリングとはスケーラー(超音波スケーラーやハンドスケーラー)と呼ばれている器具を使って歯肉縁上および歯肉縁下の歯面から取り除けていないプラーク(歯垢)、付着物、)、歯磨きでは取り除く事が出来ない歯に付着した「歯石」や歯周ポケットに溜まった歯垢、歯石を除去する治療法です。
歯垢(プラーク)、歯石が溜まった歯周ポケットは歯周病菌の最も繁殖しやすい場所となり歯周病をどんどん進行させるので、歯垢・歯石を早めに取り除く必要があります。
スケーリングをし、歯石を除去することで炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので歯周病の進行を抑え、歯周病の改善が期待できるのです。
ルートプレーニング
スケーリングとセットで行い、歯周病をしっかりケア
ルートプレーニングとはスケーリングとセットで行われる治療法ですが、スケーリングでは届かない歯周ポケットの奥深くの歯の根の部分などに浸透している歯垢や歯石を特殊な器具(キュレット)を用いて取り除き、再び歯石や歯垢が付着しないように歯根面を硬く滑沢な面に仕上げる治療法のことをいいます。
これにより歯茎の炎症が抑えられ、歯周ポケットの深さが浅くなりますから歯周病の進行を抑えることができます。
詰め物、被せ物の再治療
再治療の必要のない治療を行うことが歯周病の予防になる
歯磨きなどが不十分で進行する歯周病とは別に、歯医者で詰め物や被せ物などの治療を受けた際に歯にシッカリと装着されていないなどの不具合があり、その不具合が隙間などに歯垢(プラーク)や歯石が付着しやすく、当然そのような隙間は歯磨きで除去する事が難しくなるため、歯周病になるということが多々あります。
詰め物、被せ物など個人個人の歯に合ったしっかりとした治療を行なうだけで歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できるのです。
当院ではこのような再治療の必要のない治療を常に念頭に置きながら治療をしております。
このページのトップへ