一般歯科

歯が「しみる」「痛い」「虫歯かな?」と思ったらすぐにご相談ください

一般歯科では、主に虫歯の治療を行います。虫歯は、はじめのうちは痛みはありませんが、だんだんと飲み物や食べ物がしみるようになり、やがて痛みを感じるようになります。虫歯部分を削り詰め物や被せ物をすることで治療できますが、放置してしまうと抜歯を余儀なくされてしまうケースもあります。少しでも異変に気づいたら、お早めにご相談ください。


歯がしみるって…もしかして知覚過敏?

歯がしみた場合、まず頭に浮かぶのが虫歯ではないでしょうか? しかし、知覚過敏である可能性もあります。知覚過敏は、歯ぎしりや噛み合わせの不具合、また強すぎるブラッシングなどの積み重ねによって、歯根がすり減ることが原因となり発症します。

しみているだけ…と放置していると、すり減りが増し、虫歯などの原因になることもあります。進行を止めるために、早めに診察を受けましょう。また、痛みがひどい場合には、薬剤で患部をコーティングすることによって痛みをやわらげることもできますので、お気軽にご相談ください。


歯が痛い…やっぱり虫歯かも??

歯がしみたり痛んだりする原因が知覚過敏でない場合には、やはり虫歯の可能性があります。虫歯は進行すればするほど削る部分が広がってしまい、残念ながら治療で削ってしまったら二度と元には戻りません。また、虫歯が進行すれば最終的には歯を失ってしまうことにもなります。虫歯と疑われた時には、できるだけ早く診察を受け、適切な治療を受けましょう。

このページのトップへ