小児歯科

お子さんのお口の健康を親身になってサポートします。

「白い歯にしてみたいな」 そんな風に思ったことが一度はあるのではないでしょうか?

「歯が健康な子に育ってほしい」
「虫歯で痛い思いをしてほしくない」
「歯並び、大丈夫かな?」

大切なお子さんの歯のこと、いろいろと気になりますよね。小田歯科医院では、お子さんの歯の予防や治療に力を入れています。気になることや不安に思うことがありましたらどんなことでも遠慮なくご相談ください。

乳歯が生えはじめたときから、すべての歯が生え揃い、永久歯に生え替わって、その後もずっと―。親御さんと一緒に親身になって、お子さんのお口の健康をサポートさせていただきます。


お子様は虫歯になりやすい?

子供の歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)に比べ、「虫歯になりやすい」といわれます。
その理由は、お子様の口の中に「虫歯菌が好む条件」が揃っているからなのです。

お子様は大人よりも、甘く粘着性のある食べ物を好みます。糖分を多く摂ればそれだけ、お口の中の虫歯菌の活動が増し、虫歯ができやすい状態となります。 さらに、歯磨きが嫌いなお子様も多く、ひとりでは上手に歯を磨くことが難しいため、お口の中は虫歯ができやすい環境になります。また、子供の歯は、大人の歯に比べると歯の抵抗力も弱く、虫歯菌が好む条件が揃ってしまっているのです。

大切なお子様の乳歯を守るためには、日頃から予防を心がけることが大切です。
虫歯の予防で大切なことは、お口の中を「清潔に保つ」ことと「虫歯になりにくい環境にする」ことです。


小児歯科メニュー

フッ素塗布
歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、虫歯になりにくい歯にします。歯の表面がとても軟らかい乳歯や生えはじめの永久歯に、フッ素塗布は特に有効です。定期的に行うより高い効果が期待できます。

シーラント
6歳臼歯(6歳ごろに生える奥歯)にある深くて複雑な溝を、歯科用プラスチックで埋める処置です。シーラントを行うことで、食べかすがつまりやすい6歳臼歯を虫歯から守ることができます。

歯みがき指導
お子さんのお口の状態に合わせた適切な歯みがきの仕方を指導します。また、親御さんには仕上げみがきの仕方もお伝えします。

矯正歯科
あごの成長を利用しながらスムーズな矯正治療が出来るのはお子様のうちだけ。治療を開始するタイミングによって、治療方法も変わってきますので、なるべくお早めにご相談ください。

このページのトップへ