審美歯科(セレック)

銀歯や歯肉の黒ずみ、セレックでキレイにしましょう

「白い歯にしてみたいな」 そんな風に思ったことが一度はあるのではないでしょうか?

審美治療は歯の見た目を整え機能性を向上させるための治療です。治療後の補修物を銀からセラミックのものに変えることで見た目や噛み合わせを整えます。 当医院では即日治療が可能なセレックシステムを採用しており、見た目や機能性の他にも耐久性のあるセラミックを使用しています。

セレックの治療で使う素材はセラミックのみなので金属アレルギーの方でも安心して使っていただけます。
また中に金属がないので透明度もより自然な仕上がりになり、歯や歯ぐきの黒ずみの心配もありません。


ドイツからきた、セレックシステム

セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のことで、ドイツで作られたコンピューター制御によってセラミックの歯の詰め物や被せ物を機械で作るシステムのことです。 CAD/CAMというコンピューター技術を使って治療を行うため、歯型を取る必要がなく一回の通院で全ての治療が済みます。全ての工程を歯科医院で行うことができるので、治療時間が1つの被せ物を作るのに90分で済み、ちょっとした空き時間に治療を行うことができます。


1日で治療が終わる!セレックの治療

治療時間は詰め物で60分、被せ物で90分という短時間で済み、今までのように手で作る物よりも精密に作ることができます。機能性・審美性も問題なく、耐久性に関しては今までのセラミック治療よりも良い結果が出ています。作り直しが必要な場合でも簡単に作り直せるのも特徴です。セレックの場合、技工所に送らずに歯科医院で全ての工程を行うので治療時間の短縮が可能になりました。


セレックでできる治療

インレー
歯に入れる詰め物のことです。食事の時や笑った時に気になる部分を目立たなくさせます。

前歯クラウン
一番見た目が気になる場所なので、見た目が美しく変色しにくいセラミックがおすすめです。

奥歯クラウン
しっかり噛むことが大切になってくるので、強度や耐久性が求められます。

ラミネート
ホワイトニングでは白くすることが難しい歯を白くすることが出来ます。薄く削ったセラミックを、表面を削った歯に貼り付けることで理想の白さにすることができます。つけ爪に近い治療方法で、歯を削る量は表面の1mm以内と少量ですみます。


セレック治療のひみつ

治療には医療先進国であるドイツからやってきたCAD/CAMシステムというコンピューターを使って治療を行います。
3Dのカメラでお口の中を撮影しコンピューターに取り込んで、コンピューター上で噛み合わせを考えた修復物を設計します。その設計図通りに削りだすので人の手で作るものよりも精密な物を作りだす事ができるようになります。
3Dカメラで撮影し、3D画面で設計図を作っていくので、ほとんど完成品に近い状態で設計をしていけるのが、治療時間の短縮にも繋がっています。

このページのトップへ